「生活圏」に関する調査

●調査目的

現在、我が国では、税の使途や所得の再配分に関して、様々な主張が交錯し試行錯誤が行われています。
県政においても今後は、県民に対して、明快なビジョンと具体的な目標を明示した政策立案と実行が要求されることとなるのではないでしょうか。
この調査は、民間の商業やサービス施設を含めたインフラに対する、利用実態・評価・交通アクセスを地域単位で明らかにし、より適切な資源配分を促す資料とすることを目的としています。

●調査方法

Webによるアンケート調査
モニター登録者にeメールにて調査の案内を行い、指定のURLにアクセスしてもらい回答を得た。

●調査エリア

福岡県

●調査対象者

エリア内に在住の20〜69歳の男女

●調査サンプル数

有効 8,000サンプル

【性別、性・年代】

  総数 男性 女性   (上段:人)
(下段:%)
全体 8000
100.0
4260
53.3
3740
46.8
  男性20代 男性30代 男性40代 男性50代 男性60代
全体 366
4.6
1250
15.6
1504
18.8
842
10.5
298
3.7
  女性20代 女性30代 女性40代 女性50代 女性60代
全体 525
6.6
1577
19.7
1030
12.9
472
5.9
136
1.7

【地区区分】

第1地区 福岡市東区
第2地区 福岡市博多区
第3地区 福岡中央区
第4地区 福岡市南区
第5地区 福岡市城南区
第6地区 福岡市早良区
第7地区 福岡市西区、糸島市
第8地区 宗像市、福津市、古賀市、糟屋郡
第9地区 筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、朝倉市、筑紫郡、朝倉郡
第10地区 大川市、小郡市、うきは市、三井郡、三潴郡
第11地区 久留米市
第12地区 大牟田市、柳川市、八女市、筑後市、みやま市、八女郡
第13地区 直方市、飯塚市、嘉麻市、中間市、宮若市、遠賀郡、鞍手郡、嘉穂郡
第14地区 北九州市若松区
第15地区 北九州市八幡東区
第16地区 北九州市八幡西区
第17地区 北九州市戸畑区
第18地区 北九州市門司区
第19地区 北九州市小倉北区
第20地区 北九州市小倉南区
第21地区 田川市、行橋市、豊前市、田川郡、京都郡、築上郡

●調査実施日

2010年9月

このページのトップへ


各施設の利用率

■利用率

■自地区利用率/他地区利用率

※「自地区」とは調査対象者が居住している地区(市・区・郡などで、「他地区」とはそれ以外の地区のことです。
  地区の詳細は上の表をご参照下さい。

【各施設の利用率】

※「産婦人科・女性専門外来」は女性のみ、「専門学校・短大・大学」は学生の方のみの限定質問。
※「自地区」「他地区」は「全体」を100とした%。

自地区利用率/他地区利用率 グラフ

このページのトップへ


片道の移動時間

【片道の移動時間(全体)】

片道の移動時間(全体) グラフ

【片道の移動時間(自地区)】

片道の移動時間(自地区) グラフ

【片道の移動時間(他地区)】

片道の移動時間(他地区) グラフ

このページのトップへ


主な利用交通機関

【主な利用交通手段(全体)】

主な利用交通手段(全体) グラフ

【主な利用交通手段(自地区)】

主な利用交通手段(自地区) グラフ

【主な利用交通手段(他地区)】

主な利用交通手段(他地区) グラフ

このページのトップへ


交通アクセス評価

【交通アクセス評価(全体)】

交通アクセス評価(全体) グラフ

【交通アクセス評価(自地区)】

交通アクセス評価(自地区) グラフ

【交通アクセス評価(他地区)】

交通アクセス評価(他地区) グラフ

このページのトップへ


増やしたり充実してほしい施設

■医療機関(%)

増やしたり充実してほしい施設(医療機関) グラフ

■文化・スポーツ施設(%)

増やしたり充実してほしい施設(文化・スポーツ施設) グラフ

■学校・教育機関・育児施設(%)

増やしたり充実してほしい施設(学校・教育機関・育児施設) グラフ

■商業施設(%)

増やしたり充実してほしい施設(商業施設) グラフ

■レジャー施設(%)

増やしたり充実してほしい施設(レジャー施設) グラフ

■その他(%)

増やしたり充実してほしい施設(その他) グラフ

このページのトップへ

HOME