「学校教育」に関する調査

●調査目的

学校教育に関する実態を把握するとともに、生活者の主に学校教育に関するニーズのプライオリティを把握し、今後の県政の指針とする事を目的とする。

●調査方法

Webによるアンケート調査
モニター登録者にeメールにて調査の案内を行い、指定のURLにアクセスしてもらい回答を得た。

●調査エリア

福岡県

●調査対象者

上記地域に居住する20〜59才の男女個人
◇内、下記の2グループに別けた
(1)小学1年生〜高校3年生の子供を持つ人
(2)小学1年生〜高校3年生の子供がいない人

●調査サンプル数

有効 1,685サンプル

  全体 小中高の
子供有り
小中高の
子供なし
(人)
男性 948 620 328
女性 737 454 283
合計 1685 1074 611

●調査実施日

2010年7月17日(土)〜7月18日(日)

このページのトップへ


学校外での学習

■子供の学校外での学習(%)

子供の学校外での学習 グラフ

■学校外で学習している理由(学校外学習利用者のみ)(%)

学校外で学習している理由(学校外学習利用者のみ) グラフ

■学校外学習に掛かる1ヶ月の費用(学校外学習利用者のみ)(%)

学校外学習に掛かる1ヶ月の費用(学校外学習利用者のみ) グラフ

このページのトップへ


子供が通っている学校での問題

■子供が通っている学校での問題(%)

子供が通っている学校での問題 グラフ

このページのトップへ


教育費

■教育費(小・中・高の子供全員にかかる1ヶ月の教育費)(%)

教育費(小・中・高の子供全員にかかる1ヶ月の教育費) グラフ

■教育費の家計への負担感(%)

教育費の家計への負担感 グラフ

このページのトップへ


学校教育でいま不足しているもの

■学校教育でいま不足しているもの(%)

学校教育でいま不足しているもの グラフ

このページのトップへ


今現在の学校教育で、問題であったり今後力を入れるべきもの

■今現在の学校教育で、問題であったり今後力を入れるべきもの(%)

今現在の学校教育で、問題であったり今後力を入れるべきもの グラフ

このページのトップへ


教科書内容の改定について

■平成23年度から小学校の教科書内容が大幅に増えることの認知(%)

平成23年度から小学校の教科書内容が大幅に増えることの認知 グラフ

■教科書改訂についての賛否(改定を知っている人のみ)(%)

教科書改訂についての賛否(改定を知っている人のみ) グラフ

このページのトップへ


学校教育に関して問題と感じた事例 (自由回答)

【教師の問題】

生徒が教室での授業中に、後ろで縄跳びを始めてもそのまま。。。その子にとっても先生にとってもそれが一番問題なく授業が進むようですが、他の子にとっては集中できないのではと思います。 女性/35才

教師の質の悪さに驚くばかり。小学校低学年の生徒に対しても、問題行動があっても無視し注意する事無く授業を続け、学級崩壊を招いた。挙句、問題行動の生徒を虐める様に、他の生徒に促しPTAでその事が知れて大問題になり、退職。聞けば、高学年を見る事が出来ない教師を低学年に回しているとか。一番大事な時期に、なんと言う事をしているのか?この学校の校長も、同列の無能だと感じる。 男性/41才

ゆとり教育などはただ単にのんびりしすぎており、教育レベルの低下につながっている。教師の質が不均衡、担任の能力によりクラスレベルでの格差が発生。教員の休日を確保するための不必要な程の日程変更。挙げればキリが無いくらい有るが、教員の教育に対する情熱のなさ(私たちが通学していたころに比べ)に嫌気がさす。 男性/42才

学級崩壊に対し、先生が無力である。クラス内の問題に対し、先生が無知もしくは知ってて知らんぷり。先生の教育に対するモチベーションが低い、もしくは方向性が間違っている。 男性/42才

体育祭の時に教員がサングラスを掛けているのはどういう事か?教育の場にそんな物が必要か? 男性/43才

教師がツィッターに実名と顔写真を出し学校内の愚痴を書いている。 男性/46才

授業中に、携帯を使用する先生がいる。休みがちで、自習ばかり行い、代わりの先生も用意しない公立中学がある。 男性/46才

現在通っている公立学校は、学校と家庭と両立して学習を見て行く姿勢である。しかし、担任の先生によっては、家庭に任せる割合が多い先生がいる。子供が3人いる我が家では、夕方は自宅が学習塾のようになっている。低学年の頃は、これでも親が教えてあげれるが今後高学年になると、どうしていいか悩みます。 女性/35才

形だけ整えるよう指導する先生。本読みの取り組みを、やってもいないのにやったと表示するよう指導するとか。 女性/44才

小学校の頃の教師は「韓流ドラマ」かぶれで、善人ぶった性格で、娘の不登校に拍車をかけた。息子の時も担任と折り合いが悪く不登校になったが教頭が「中学校に入ってから入試の時に困るし、家庭での問題があるので教育委員会や民生委員が云々…」と息子に直接脅しをかけた。 女性/44才

公立の小中の先生に関して、その親も先生という方が多いのはあきらかに疑問です。世襲制なのですか?って思っちゃいます。また今年長子が私学に入りつくづく感じたたことは、公立学校の先生は公務員なんだなぁ〜っていう事です。 女性/45才

娘が小5の時、クラスの女子生徒から靴を隠された事があって、実行した生徒もボス的女子からやらされていたのですが、担任の男性教諭は的確な対応ができず、しばらく休職された後退職されました。数日休んだ後、クラスの生徒達に「僕は、精神的に弱いので・・」その説明も必要だったのか疑問です。この問題で、実際に被害にあったうちの子や私は、その先生に詰め寄ったことは一切なく、やらされた子の母親が校長に相談、指示した女生徒の母親は悪気無かったように記憶してます。 女性/46才

教師側が問題を大きくしないことに専心して(表面的に片づけようとして)根本的なところの解決を考えない。こどもたちは先生のずるさや理不尽を敏感に感じ取り、不信感につながっている。例えば、生徒間のもめ事があった時、そうなった詳しい背景を聞かずに、保護者が騒いでいる方の生徒に対して一方的に謝罪させるなど。 女性/47才

先生の質の低下。授業中にDVD(アニメや映画)を見せて、時間を消化している。 女性/47才

【教育内容/学力などについて】

時間が足りないからといって、宿題が多すぎだし、親が見て下さいというのが増えたきがする。昔はそんなに親は関わってなかったと思うのですが・・・。 女性/36才

今年、初めて小学校に入学したのですが、ゆっくりと勉強をすすめていくというのは、いい面もあるとはおもいますが、教科書が薄いのにまず驚き、科目数が少ないのに、さらに驚きました。いろんなことが、自分の時とは違うのでどうしていいのか正直よくわかりません。小学校に入ると、どのように担任の先生や学校とコミュニケーションをとればいいのかわからないので、それ自体が問題なのかもしれません。 女性/37才

去年までのゆっくりした授業スピードが、今年になり急に加速し、子供がついて行けているのか心配です。あまりに極端すぎ!! 女性/39才

授業が遅れているのにやたら学校行事が多いので時々心配になる。お祭りや学級での取り組みも大事だろうがそんな事ばっかりで勉強する時間が少なくなっているのではないか? 女性/41才

学力に結びつくと思えないことに時間を割いている。意味のない宿題が多い。 女性/43才

ゆとり教育が始まり、多くの問題点をのこしてゆとり教育を取りやめる…そのお試し期間にもれなくすっぽりはまった息子…国はあまりにも身勝手すぎる。ゆとり教育とは名ばかりで、教科書が薄っぺらな分プリント学習がメインとなり、きちんとノートを取ること、プリントを整理することすら追いつかず、今の子供たちを見てると疑問に思うことが山ほどある。やっぱり失敗…という施策の侘びと責任は一体誰が取るの?息子は犠牲者か?全く国の考えることはよくわからん! 女性/43才

今子供が2学期制の学校に行っていますが、周りの学校はまだ3学期制なのでテストの回数や授業の進み具合などまわりの学校との色々な点で違いがあり高校受験に関して少し不利なことが多く困っています。出来れば同じ地域の学校は同じ様にしていただきたいと思います。 女性/44才

【いじめ/学級崩壊 など】

全国の学校でいじめはなくすべきだ。ニュースを見ると非常に心が痛む。実際に娘のクラスで学級崩壊やいじめは起きたことがあった。厳しい先生に替える、家庭訪問する、親たちでミーティングするなどの対応はよかった。 男性/39才

脱走する児童がいた場合、担任が追いかけて教室に戻す、という行為は良いんですが、その間、他の生徒の指導に当たる先生がいないのはちょっと不安。 女性/37才

親の中に 教師を見下すような態度・考えを持つ人が増えている影響で 生徒である子供が教師の言うことを聞かず、学級崩壊しかけたことがある。教師の体罰が許されていないし そもそも教師の仕事が多いため いつも教師がクタクタで全部の生徒に目が行き届かない様子が今もある。 女性/40才

いわゆる非行になる生徒や問題のある生徒に先生方の時間がとられ、真面目に過ごしている生徒には手をかけてもらえず真面目な子が損をしていると思う。 女性/41才

中学校で学級崩壊とまではいえないが、授業が成り立っていない光景を目にする。授業中に前の席や隣の席の子と話をしたり、ちょっかいを出す子供、手紙を書いている子供、どれも先生は注意しない。子供の自主性にまかせるということなのか。先生も流すだけの授業になっているように見受けられるし、学ぶ意思のある生徒がきちんと学べない状況になっている。 男性/49才

現在娘の通っている学校では授業中の態度の良くない生徒が多く授業にならない状態があります。独りで勉強した方がマシという学校の存在自体が無くても良いのでないかと思われる状態です。 女性/42才

【親/保護者の問題】

子供の髪染めについて学校側が子供に指導したところ、親の反論にあい、検討するとの回答。駄目なものは駄目だという毅然とした対応をして欲しかった。 男性/32才

お子さんが、小学校の教員をしてるかたが、そのお子さんが2年前1年生を受け持った時、途中で無断で下校した生徒を追いかけて自宅まで送って行った時、お子さんのお母さんに「授業がおもろくないから帰ってきたと言っているのでもっとおもろくしたら帰らなかったはずだ」と言われたそうです。親から社会性を身につけたおとなになってほしいものです。 女性/49才

【その他】

運動会などで順位づけをしないこと。個人の順位付けにより子供が傷つくことから避けている。社会に出れば順位がつくことは当然で、挫折から立ち直る方法を教えるべきである。 男性/34才

先日の豪雨の際、登校時間に近くなったので登校について問い合わせたところ、管理職が来ていないので、判断できないとの返答だった。電話、メール等通信手段が発達している現代でありえないと思った。 男性/34才

うちの小学校は、最近は住宅の建設が増えたりして、児童数が1000人を超えるマンモス校です。校庭もそう広くはなく、休み時間は子供たちが外で遊んでいますが、所狭しという感じ。息子も年に数回は他の児童とぶつかって怪我をしています。それに、体育館・運動場・プールを使用する体育の授業も各クラスが使える回数が限られているようです。近隣の校区との通学区域の変更を協議しているようですが、歴史のある学校で、昔からの住民の方が反対が多いようです。早く協議が解決し、子供たちが思う存分走り回れる校庭になるといいなと思います。 女性/34才

教師と父兄の飲み会をやっているが必要なのか疑問です。 女性/42才

中学校の部活動が、私たちの頃に比べると、種類が少ないので、選択肢が限られている上に、人数が集中してしまっている。更に、親の関わりが多く、時間的・金銭的負担も以前に比べると増えていると思う。 女性/45才

発達障害で支援教室に変わりたいのに教育委員会を通してると時間がかかりすぎる。必要な教育の時間が足らなくなる。もっとスピーディな対応があれば良い。 女性/50才

このページのトップへ


学校教育をより良くするための事例やアイデア (自由回答)

【教師の問題】

子供の目を通して、先生がどの様に映っているのか定期的なアンケートを実施し、校長や教育委員が現状の把握と、改善点を常に気にしながら、より良い学校教育を進める様にして欲しいです。 男性/45才

先生たち個人個人の質をもっと伸ばして欲しい。先生たちが忙しすぎて授業の研究ができていないし、勉強以外、(生活指導など家庭でおしえるべきこと)の指導のほうで忙しくなっている感じがする。なにかと意見を言う親、マスコミなどのため、のびのびとできていないような気がする。 女性/35才

授業の内容がしっかりわかっているか、個別に見るべきだと思うことと、教師の話し方に人間らしさを感じない。マニュアルをしっかり頭に入れて話している感じがして、真剣に話をしていたら、途中でバカバカしさを感じます。みんな同じことしか言わず、上辺だけ話している原因が、一般の会社と同じような上下関係や上からの圧力のようなものがあるのだろう・・というのを感じさせる物の言い方です。これでは、いくら何を語っても良くなることはないと思います。まず、大人たちのあり方を変えなければ、子供のことで教師と連絡を取る気にもなれない。 女性/37才

先生は生徒から尊敬される存在であってほしい。友人になる必要はない。 男性/42才

学生・社会人ボランティアを大量に引き入れ、特に小学校や中学校でのドロップアウトをなくす取り組みを行う。教育ボランティア経験のない人を教師にしない。地域の力(おじいちゃんおばあちゃんを含めて)を教育に活かせる組織をつくり地域の力で子どもを育てるようにする。社会全体で教育を支える。事業所がインターンシップや職場体験を受け入れ、レベルを評価しこれを公開することで社会全体の教育機能を高める。 男性/42才

【教育内容/学力などについて】

ムダな教科の項目を減らして、重要な教科項目の時間を増やしてほしい。 男性/45才

とりあえず、教科書をもうちょっと軽くしないことには登下校だけでも負担が大きすぎるので、昔のような教科書の形に戻したほうがよいと思う。 女性/38才

小学校でも、補習をする。算数などは、能力別クラスにしてもいいと思う。 女性/40才

同学年であれば教育内容は同じだから、授業のマニュアル等を作成し、先生は授業の準備に時間を費やさずに済むようにする。何十年もほぼ同一内容を教育しているにも関わらず、効率化されていないのはおかしい。但し、先生の個性による多少の色付けは必要。 男性/34才

【親/保護者の問題】

モンスターペアレンツを含む父兄からのいろいろな問い合わせ、クレームの窓口を学校内に設置して教師がのびのびと教育に専念出来るようにしたほうがいいと思う。専門の窓口には現役の教師の負担を増やさないために、教師を定年退職された方が専門の窓口になるのが望ましいと思います。 男性/45才

駐車場でボール遊びをする子供を放置している親。さらには子供と一緒にキャッチボールを始める親。モンスターペアレンツへの働きかけが必要かも。親がする教育は「宿題を見る」「連絡帳に目を通す」ではないと思う。でも、学校の方針はそうみたい。親と子だけの関係だけでなく、親子と周りとの関係に関心を向けるようになって欲しい。モンスターペアレンツの存在で、子供の判断基準が狂うことを伝えて欲しい。 男性/41才

【その他】

温暖化により、夏の気温が過去より高くなっている。学習に集中するためにも、空調設備の整備が必要だと考える。 男性/46才

民間の教育指導方法やモラルを導入すべき。生徒全員の均一教育は判るが、伸ばせる子への対応も平等になり伸ばせる教育を行うこと。 男性/42才

社会人教員制度(土曜日の学校の先生は、ある一定の基準を満たした社会人)を創設し、先生だけからでない、さまざまな刺激を受ける機会を設ける。 男性/43才

教室内の出来事を100%知っている事ではないので、先生に聞く事が難しい。教室内にカメラを取り付けてモニターでもするしかないかもです。 男性/45才

学校の質を上げるには、生徒一人一人に目が行き届いてるといいと思う。1つの学校に在籍する生徒を制限するか、先生を増やすか…ただ現実的にはそれは経営上無理が生じるようなのでやはり手厚い私立に行くしかないような気がします。 女性/37才

事務員ができるような事も全部教員が行っていて、もう少し分業ができれば先生の負担も減るのでは・・・。たとえば給食費の徴収とか担任の先生が行う事ではなく、学校全体でそういった専門の人を配置してもいいのではないだろうか。 女性/39才

土曜日は以前のように半日授業をした方がいいと思う。全体に授業時間が足りないので詰め込みすぎる。先生達が週休2日になるようにしているそうだが夏休みや冬休みと普通の会社ではありえないような長期休暇があるので教員を週休二日にする必要はないだろうと思う。 女性/38才

土曜日の登校。教師も忙しく結局休日出勤が必要となっています。教師の負担軽減も必要だと思います。お互い気持ちにも余裕がでてくると思います。 女性/39才

私たちの時代、土曜は午前中でした。しかし、30年たった今、あの土曜日の気持ち、午前中で帰れるぞ!そして家に帰ったらおひるごはんがある!あの楽しみは言葉では説明できない楽しさ。今の子供たちにも、単元ごとの時間を少なくしてつめこむ教育をするのならば、夏休みや土曜日をもっと使ってやってあげてほしい。働いてる親にとって、夏休みはとてもネックで、夏休みのせいで働くことをあきらめてる人も少なくない現状をみてほしい。 女性/40才

公立でも学校を選べるようにしたらよいと思います。「学校選び」から始めることにより、親の意識を高めると全体的に良くなると思います。先生だけではなく、親が子に与える環境が良くすると、学校教育全体が良くなると思います。また、働く親が増えている中で、土曜日が休校というのはあまり良くないと思います。その辺の環境低下もあるのでは? 女性/41才

このページのトップへ

HOME