健康寿命に関する調査

■調査概要

●調査目的

【健康寿命の延伸】に向けた地域での取り組みを推進するため、県民の食や健康への意識を把握するとともに、新たな施策を考察することを目的とする。

−調査背景−

平均寿命が延びる中で、健康上の問題で日常生活が制限されることなく、また介護・医療に頼ることなく、自立して健康に暮らすことができる期間、いわゆる【健康寿命】を延ばしていくことは、社会保障負担の軽減の面からも、益々重要になるものと思われます。
そのためには、現役世代の方も含め、普段の食生活から健康を意識することが重要です。
食生活の面から、県民の【健康寿命の延伸】を考えた場合、例えば地域の飲食店との連携による施策等、新たな事業への取り組みも、必要になってくるかと思われます。

●調査時期

2018年7月27日(金)〜29日(日)

●調査地域

福岡県全域

●対象者条件

上記地域に居住する20歳から69歳の男女個人
・本人または同居家族が、マスコミ・広告代理店・調査会社や議員に従事していないこと
※医師・病院勤務の方も除く

●標本抽出法

ビデオリサーチ社提携企業のインターネット調査モニターより抽出

●調査方法

インターネット調査

●有効標本数

1,000サンプル

●標本構成

(上段:人 / 下段:%)

  総数 男性 女性
全体
1000
100.0
500
50.0
500
50.0
男性
20代
男性
30代
男性
40代
男性
50代
男性
60代
女性
20代
女性
30代
女性
40代
女性
50代
女性
60代
100
10.0
100
10.0
100
10.0
100
10.0
100
10.0
100
10.0
100
10.0
100
10.0
100
10.0
100
10.0

このページのトップへ


1.健康意識・普段の食生活における健康意識

【 現在の健康状態 】 <全体(N=1,000)>※健康:非常に健康だと思う+まあ健康だと思う+どちらかといえば健康だと思う

現在の健康状態 グラフ

【 普段の健康意識 】 <全体(N=1,000)> ※意識あり:とても気を配っている+まあ気を配っている

普段の健康意識 グラフ

【 普段の食生活における健康意識 】 <全体(N=1,000)> ※意識あり:とても意識している+まあ意識している

普段の食生活における健康意識 グラフ

このページのトップへ


2.食生活における健康意識のきっかけ

【 普段の食生活において健康を意識するようになったきっかけ 】

普段の食生活において健康を意識するようになったきっかけ  グラフ

このページのトップへ


3.健康診断・がん検診受診状況

【 健康診断(人間ドック)受診有無(1年以内) 】 <全体(N=1,000)>

健康診断(人間ドック)受診有無(1年以内) グラフ

【 市区町村がん検診受診有無(2年以内) 】

市区町村がん検診受診有無(2年以内) グラフ

このページのトップへ


4.「健康寿命」について

【 「健康寿命」認知 】 <全体(N=1000)>

「健康寿命」認知 グラフ

【 「健康寿命」に関する意識 】 <全体(N=1000)>

「健康寿命」に関する意識 グラフ

このページのトップへ


5.外食・中食について

【 外食頻度 】

外食頻度  グラフ

【 よく利用する外食店舗形態 】 <n=外食利用者>

よく利用する外食店舗形態 グラフ

【 中食(惣菜・弁当)頻度 】

中食(惣菜・弁当)頻度 グラフ

【 よく利用する惣菜・弁当店舗形態 】

結婚について補助や支援があったらよいと思うこと グラフ

このページのトップへ


6.普段の食生活で意識・実践していること

【 普段の食生活で意識すること 】

普段の食生活で意識すること グラフ

【 普段の食生活で実践していること 】 ※実践している:いつもしている+まあしている

普段の食生活で実践していること グラフ

このページのトップへ


7.健康嗜好食材/メニュー/惣菜/弁当利用意向・価格受容度

【 健康志向食材・メニュー・惣菜・弁当類利用意向 】 ※取り入れたい:是非取り入れたい+まあ取り入れたい

健康志向食材・メニュー・惣菜・弁当類利用意向 グラフ

【 健康志向食材・メニュー・惣菜・弁当類価格許容度 】 ※利用したい:是非利用したいと思う+時々利用したいと思う

健康志向食材・メニュー・惣菜・弁当類価格許容度 グラフ

このページのトップへ


HOME