未婚男女の意識調査

■調査概要

●調査目的

増加する30〜40代未婚男女の生活実態・意識、政治への関心などを把握し、
今後の県民の生活支援のための県政策立案および行政活動の参考資料とする。

−調査背景−

経済環境の変化や働く女性の増加に伴い、生涯未婚率は今後ますます上昇することが予想されています。
新たな価値観やライフスタイルを捉え、必要な支援を行うことが福岡県においても重要であると考えられます。

●調査時期

2018年1月30日(火)〜2月1日(木)

●調査地域

福岡県

●対象者条件

上記地域に居住する30歳から49歳の未婚・既婚男女個人
・未婚だが結婚の予定がある、または離別・死別は今回の対象から除外

●標本抽出法

提携企業のインターネット調査モニターより抽出

●調査方法

インターネット調査

●有効標本数

1,058サンプル(既婚者484サンプル/未婚者574サンプル)

●標本構成

  合計 男性
30代
男性
40代
女性
30代
女性
40代
合計
1058
267
288
281
222
既婚者
484
126
112
133
133
未婚者
574
141
176
148
109

●調査ボリューム

全54問
うち既婚者対象質問:38問
うち未婚者対象質問:38問

このページのトップへ


1.結婚の意向と理由

【 結婚の意向(未婚者)】 <全体(N=574)>

結婚の意向(未婚者) グラフ

【 結婚していない理由(結婚意向ある人ベース) <全体(N=486)> 】

結婚していない理由(結婚意向ある人ベース) グラフ

【 結婚したくない理由(結婚意向ない人ベース) <全体(N=88)> 】

結婚したくない理由(結婚意向ない人ベース) グラフ

このページのトップへ


2.なぜ結婚しないのか ⇒ 自分の生活の充実などから晩婚化がすすむ

【 交際相手の有無(未婚者)】 <全体(N=574)>

交際相手の有無(未婚者) グラフ

【 結婚のための活動状況 】 <全体(N=574)>

結婚のための活動状況 グラフ

【 独身・独り身のよいと思う点 】 <全体(N=574)>

独身・独り身のよいと思う点 グラフ

このページのトップへ


3.未婚者はコミュニケーション、就業面でのサポートが必要

【 性格・パーソナリティ 】

性格・パーソナリティ グラフ

【 職業 】 <全体(N=1058)>

職業 グラフ

このページのトップへ


4.結婚のタイミング → 未婚化へ

【 結婚時の年齢(既婚者)】 <全体(N=484)>

結婚時の年齢(既婚者) グラフ

【 結婚の意向(未婚者)】 <全体(N=574)>

結婚の意向(未婚者) グラフ

このページのトップへ


5.既婚者における子どもがいる世帯は多い

【 子どもの有無・人数(既婚者)】 <全体(N=484)>

子どもの有無・人数(既婚者) グラフ

このページのトップへ


6.結婚への必要な支援

【 結婚について補助や支援があったらよいと思うこと 】 <全体(N=574)>

結婚について補助や支援があったらよいと思うこと グラフ

このページのトップへ


7.結婚生活のよさの啓蒙

【 結婚の満足度(既婚者) 】 <全体(N=484)>

結婚の満足度(既婚者) グラフ

【 結婚生活のよい点 】 <全体(N=484)>

結婚生活のよい点 グラフ

【 子どもを持つことの満足度(子どもあり) 】 <全体(N=392)>

子どもを持つことの満足度(子どもあり) グラフ

【 子どもを持ってよかった点 】 <全体(N=392)>

子どもを持ってよかった点 グラフ

このページのトップへ


8.福岡県支援事業の認知

Q44 以下のサイトをご覧ください。あなたは、このサイトや事業内容についてご存知ですか。(回答は1つ)
http://kazoku.pref.fukuoka.lg.jp/marriage/

【 福岡県支援事業の認知 】 <全体(N=574)>

福岡県支援事業の認知 グラフ

このページのトップへ


9.福岡県支援事業の利用意向

Q45 では次に、以下のサイトをご覧ください。あなたは、以下のような「出会い・結婚応援事業」について、どのくらい利用してみたいと思いますか。(回答は1つ)
https://kekkon-ouen.pref.fukuoka.lg.jp/fukuoka/

【 福岡県支援事業の利用意向 】 <全体(N=574)>

福岡県支援事業の利用意向 グラフ

このページのトップへ


HOME