多様性に関する調査

■調査概要

●調査目的

2020年東京オリンピック・パラリンピックのコンセプトにある「多様性」について、福岡県民の意識と
実態を把握し、県政施策の資料を得る事を目的とする。

−調査背景−

東京五輪は3つのコンセプトがあり、その2番目に「多様性と調和」が掲げられています。

■多様性と調和

人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治、障がいの有無など、あらゆる面での違いを肯定し、自然に受け入れ、互いに認め合うことで社会は進歩。
東京2020大会を、世界中の人々が多様性と調和の重要性を改めて認識し、共生社会をはぐくむ契機となるような大会とする。

●調査時期

2017年4月28日(金)〜5月2日(火)

●調査地域

福岡県

●対象者条件

上記地域に居住する20歳から69歳の男女個人
・本人または同居家族が、マスコミ・広告代理店・調査会社や議員に従事していないこと

●標本抽出法

ビデオリサーチ社及び提携企業のインターネット調査モニターより抽出

●調査方法

インターネット調査

●有効標本数

2,222サンプル

●標本構成

(上段:人 / 下段:%)

  総数 男性 女性
全体
2222
100.0
1059
47.7
1163
52.3
男性
20代
男性
30代
男性
40代
男性
50代
男性
60代
女性
20代
女性
30代
女性
40代
女性
50代
女性
60代
165
7.4
216
9.7
234
10.5
192
8.6
252
11.3
189
8.5
238
10.7
255
11.5
313
14.1
168
7.6

このページのトップへ


1.2020年東京オリンピック・パラリンピックのコンセプト

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでは、大会ビジョンとして「スポーツには世界と未来を変える力がある」を掲げ、その3つの基本コンセプトとして次の3つを謳っています。

  1. (1)「すべての人が自己ベストを目指し(全員が自己ベスト)」
  2. (2)「一人ひとりが互いに認め合い(多様性と調和)」
  3. (3)「そして、未来につなげよう(未来への継承)」

【 大会ビジョンとコンセプトの評価 】 <全体(N=2222)>

大会ビジョンとコンセプトの評価  グラフ

【 コンセプト「多様性と調和」への共感 】 <全体(N=2222)>

「一人ひとりが互いに認め合う(多様性と調和)」 ・・・ コンセプトには次のような考えが盛り込まれています。
人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治、障がいの有無など、あらゆる面での違いを肯定し、自然に受け入れ、互いに認め合うことで社会は進歩。
東京2020大会を、世界中の人々が多様性と調和の重要性を改めて認識し、共生社会をはぐくむ契機となるような大会とする。

コンセプト「多様性と調和」への共感 グラフ

このページのトップへ


2.少数者への差別意識

『性的指向』とは…
人の恋愛・性愛がどういう対象に向かうのかを示す概念を言います。具体的には,恋愛・性愛の対象が異性に向かう異性愛、同性に向かう同性愛(ホモセクシュアル)、男女両方に向かう両性愛(バイセクシュアル)を指します。
同性愛者、両性愛者の人々は、少数派であるがために正常と思われず、いまだ偏見や差別が起きているのが現状です。
(法務省のホームページより抜粋)

【 少数者への差別意識 】 <全体(N=2222)>

※グラフ中の数値は「多数の人と違うのだから、不利益や不便さを受けるのは当然だと思う」と
「ある程度の不利益や不便さを受けるのは仕方がないと思う」の合計値

少数者への差別意識  グラフ

【 性的指向への差別意識 】

性的指向への差別意識 グラフ

このページのトップへ


3.性的マイノリティー(少数者)について

LGBTなどの『性的マイノリティー(少数者)』とは…
『性的指向』が同性愛者である「レズビアン」と「ゲイ」の方、さらに「両性愛者(バイセクシュアル)」やこころの性と呼ばれる『性自認』がからだの性と一致しない方「トランスジェンダー(性同一性障害を含む)」といった方々です。
(法務省のホームページより抜粋)

【 性的マイノリティー(少数者)に関する用語認知】 <全体(N=2222)>

※用語認知:「意味を含めて知っていた」
「言葉は知っていた」の合計値

性的マイノリティー(少数者)に関する用語認知  グラフ

【 性的マイノリティー(少数者)に関する意識 】 <全体(N=2222)>

性的マイノリティー(少数者)に関する意識  グラフ

このページのトップへ


4.性的マイノリティー(少数者)に関する抵抗感

【 性的マイノリティー(少数者)に対する抵抗感 】 <全体(N=2222)>


性的マイノリティー(少数者)に対する抵抗感  グラフ


性的マイノリティー(少数者)に対する抵抗感  グラフ

このページのトップへ


5.性的マイノリティー(少数者)への考えと理解

【 性的マイノリティー(少数者)への考え 】 <全体(N=2222)>

性的マイノリティー(少数者)への考え グラフ

【 性的マイノリティー(少数者)への理解 】 <全体(N=2222)>

性的マイノリティー(少数者)への理解   グラフ

このページのトップへ


6.性的マイノリティー(少数者)のための法整備

【 性的マイノリティー(少数者)のための法整備 】 <全体(N=2222)>

性的マイノリティー(少数者)のための法整備   グラフ

【 同性婚の法的整備 】 <全体(N=2222)>

同性婚の法的整備  グラフ

このページのトップへ


7.性的マイノリティー(少数者)に関する学習

2015年(平成27年)4月30日付で、文部科学省は、「性同一性障害や性的指向・性自認に係る、児童生徒に対するきめ細やかな対応等の実施について(教職員向け)」で性同一性障害などを含む性的マイノリティー(少数者)の子供について、配慮を求める通知を全国の国公私立小中高などに出しました。
同省が行った実態調査で、不登校やいじめ被害につながるケースもあったため、全ての学校に対応を徹底させるため、影響力の強い「通知」にしたようです。
教育現場では、スタートしたようですが、まだ大きな広がりを見せていないようです。

【 性的マイノリティー(少数者)に関する学習 】 <全体(N=2222)>

性的マイノリティー(少数者)に関する学習

このページのトップへ

HOME