スマートフォンに関する調査

■調査概要

●調査目的

スマートフォンの急速な普及にともない、その利便性に対し一方では、スマートフォンへの依存や健康面、生活面での悪影響も懸念されている。
本調査では、スマートフォンの利用と依存状況等の実態を把握し、スマートフォンとの適切な関わり方についての基礎資料を得ることを目的とする。

●調査時期

2016年10月28日(金)〜10月30日(日)

●調査地域

福岡県全域

●対象者条件

18歳〜59歳の男女個人
・自分専用のスマートフォンを所有
・また、そのスマートフォンが「通話」「メール」「インターネット」の全てが使える
 *モニター登録者にeメールにて調査の案内を行い、指定のURLにアクセスしてもらい回答を得た。

●標本抽出法

ビデオリサーチ社及び提携企業のインターネット調査モニターより抽出

●調査方法

インターネット調査

●有効標本数

1,210サンプル

●標本構成

(上段:人 / 下段:%)

  総数 男性 女性
全体 1210
100.0
601
49.7
609
50.3
男性
18・19才
男性
20代
男性
30代
男性
40代
男性
50代
女性
18・19才
女性
20代
女性
30代
女性
40代
女性
50代
30
2.5
157
13.0
187
15.5
116
9.6
111
9.2
78
6.4
178
14.7
117
9.7
117
9.7
119
9.8

このページのトップへ


1.スマートフォンの利用時間

【スマートフォン平均利用時間】< 全体(N=1210) >

スマートフォン平均利用時間 グラフ

【スマートフォン利用時間による区分】

スマートフォン利用時間による区分 グラフ

このページのトップへ


2.スマートフォンの使用方法と利用後の行動変化

【 自分の使用方法であてはまるもの(上位11項目)】< 全体(N=1210) >

自分の使用方法であてはまるもの(上位11項目) グラフ

【 スマートフォン利用後の行動変化 】< 全体(N=1210) >

スマートフォン利用後の行動変化 グラフ

このページのトップへ


3.ソーシャルメディアについて

【ソーシャルメディアの閲覧と書き込み(上位6項目) 】< 全体(N=1210) >

ソーシャルメディアの閲覧と書き込み(上位6項目)グラフ

【ソーシャルメディア利用目的(上位10項目) 】< 全体(N=1210) >

ソーシャルメディア利用目的(上位10項目)グラフ

このページのトップへ


4.利用アプリケーション

【 利用しているアプリケーション 】< 全体(N=1210) >

利用しているアプリケーション グラフ

【 アプリでのゲーム利用及び1日あたりのゲーム利用時間】

利用しているアプリケーション グラフ

このページのトップへ


5.子供のスマートフォン所有状況

【 スマートフォンの所有タイミング 】
< 就学中の子供を持つ親(n=234) >

スマートフォンの所有タイミング グラフ

【 スマートフォンの利用制限 】
< スマートフォンを持つ子の親(n=115) >

スマートフォンの利用制限 グラフ


【スマートフォンを持たせたきっかけ(上位10項目) 】< スマートフォンを持つ子の親(n=115) >

スマートフォンを持たせたきっかけ(上位10項目) グラフ

このページのトップへ


6.スマートフォンへの依存と健康被害(自覚症状)

【スマートフォンへの依存 】< 全体(N=1210) >

スマートフォンへの依存 グラフ

【 スマートフォンの健康被害(自覚症状)】< 全体(N=1210) >

スマートフォンの健康被害(自覚症状)グラフ

このページのトップへ


7.スマートフォンでのトラブル

【 スマートフォン利用で危険、不快に感じたこと】< 全体(N=1210) >

スマートフォン利用で危険、不快に感じたこと グラフ

【 スマートフォントラブル防止のための取り組みについて】< 全体(N=1210) >

スマートフォントラブル防止のための取り組みについて グラフ

このページのトップへ

HOME