「格差」に関する調査

●調査目的

恒常的な社会問題として位置づけられている「格差拡大」について、福岡県民の『意識レベルでの「格差」の実態』を把握し、今後の県政の指針とする事を目的とする。

●調査方法

Webによるアンケート調査
モニター登録者にeメールにて調査の案内を行い、指定のURLにアクセスしてもらい回答を得た。

●調査エリア

福岡県

●調査対象者

上記エリア内に在住の20〜59歳の男女

●調査サンプル数

有効 1,051サンプル

全体 20〜29歳 30〜39歳 40〜49歳 50〜59歳 (人)
男性 121 144 117 136 518
女性 127 143 129 134 533

●調査実施日

2009年11月28日(土)〜11月30日(月)

このページのトップへ


現在の生活の満足度

■勤務形態別

現在の生活の満足度 勤務形態別 グラフ

■世帯年収別

現在の生活の満足度 世帯年収別 グラフ

このページのトップへ


幸福で充実した暮らしをするために大切なこと

■勤務形態別

幸福で充実した暮らしをするために大切なこと 勤務形態別 グラフ

■世帯年収別

幸福で充実した暮らしをするために大切なこと 世帯年収別 グラフ

このページのトップへ


格差拡大について

■勤務形態別

格差拡大について 勤務形態別 グラフ

■世帯年収別

格差拡大について 世帯年収別 グラフ

このページのトップへ


結果格差について

■勤務形態別

結果格差について 勤務形態別 グラフ

■世帯年収別

結果格差について 世帯年収別 グラフ

■勤務形態別

結果格差について 勤務形態別 グラフ2

■世帯年収別

結果格差について 世帯年収別 グラフ2

このページのトップへ


結果格差解消のための施策

■勤務形態別

結果格差解消のための施策 勤務形態別 グラフ

■世帯年収別

結果格差解消のための施策 世帯年収別 グラフ

このページのトップへ


機会格差について

■勤務形態別

機会格差について 勤務形態別 グラフ

■世帯年収別

機会格差について 世帯年収別 グラフ

■勤務形態別

機会格差について 勤務形態別 グラフ2

■世帯年収別

機会格差について 世帯年収別 グラフ2

このページのトップへ


機会格差解消のための施策

■勤務形態別

機会格差解消のための施策 勤務形態別 グラフ

■世帯年収別

機会格差解消のための施策 世帯年収別 グラフ

このページのトップへ


正規・非正規社員について

正規・非正規社員について グラフ

■勤務形態・世帯年収別

正規・非正規社員について 勤務形態・世帯年収別 グラフ

このページのトップへ


私の想い 新開 昌彦

新開 昌彦(しんかい まさひこ) 写真

氏名 新開 昌彦(しんかい まさひこ)
選挙区 福岡市早良区
当選回数 3期
生年月日 昭和32年6月12日
所属委員会 ・農林水産常任委員会委員
・景気・雇用対策調査特別委員会委員

[ 「格差」に関する調査所感 ]

新開 昌彦

「結果として格差があるのは自由社会なんだから仕方がない。でも、自分がスキルアップしたくてもその情報や制度が少ないのは残念だ」。グループインタビューでの声でした。
データでも、機会の格差についての考えを聞いたところ、全体では、格差の存在に否定的な人は約61%で、結果としての格差よりも25ポイントも多く、県民が結果としてよりも機会の格差を問題としていることがわかりました。

また、県民は、親の収入による教育格差が広がっていると感じています。
教育費確保のために、親が無理をしなければならないという社会は是正するべきだと思います。
年収では、家族の所得を合わせて1000万円を超えると満足感が高いということもわかりました。「目指せ、世帯年収1000万円」はキーワードになるかもしれません。

国や県、市など行政は様々な事業を行っています。でも、今回の調査で、県の取り組みが隅々まで届いていないということがわかりました。
私たちは、県の事業を県民にどう届けていくのか、広報の在り方をしっかり検討していかなければならないと決意しています。

今回の調査で、他にもいろんなことを教えてもらいました。感謝します。
私たち公明党は、これからも幸福で充実した暮らしをおくるために何ができるか真剣に考えていきます。

 

このページのトップへ

HOME