「高齢者福祉」に関する意識調査

■調査概要

●調査目的

高齢の親を持つ世代(次世代の被介護者)の意識を把握し、そのニーズを把握することで、次代の高齢者対策のための基礎データとする

●調査時期

2014年9月5日(金)〜8日(月)

●調査地域

福岡県

●対象者条件

福岡県内に在住し、要支援/要介護認定の親(実父母/義父母)がいる40歳以上男女

●調査方法

インターネット調査

●有効標本数

1,253サンプル

●標本構成

【性年代】

  男性 女性
男性計 40代 50代 60歳以上 女性計 40代 50代 60歳以上
実数 660 177 271 212 593 222 276 95
構成比(%) 52.7 14.1 21.6 16.9 47.3 17.7 22.0 7.6

【親の要支援/要介護度】※単位:構成比(%)

  自立 要支援
要支援 計 要支援 1 要支援 2
実父 36.8 20.4 11.3 9.0
実母 29.6 24.5 13.3 11.3
義父 54.4 10.9 7.1 3.9
義母 49.5 14.5 8.9 5.6
  要介護 未把握
要介護 計 要介護 1 要介護 2 要介護 3 要介護 4 要介護 5
実父 38.8 8.1 10.3 8.1 7.3 5.0 4.1
実母 44.3 11.3 11.1 8.2 6.6 7.1 1.5
義父 24.8 5.6 7.3 6.6 2.4 3.0 9.9
義母 28.9 6.8 6.7 6.7 3.7 5.1 7.1

このページのトップへ


■子ども世代の介護意識について

親の健在状況/同居状況 グラフ

親の将来の生活に関する意見交換状況 グラフ

要支援/要介護の親の生活に対する関与度 グラフ

親の意向(子との同居希望状況) グラフ

親の将来の生活に関する意向 グラフ

■介護保険制度について

介護保険料の支払の認知状況 グラフ

介護保険制度の利用方法の認知状況 グラフ

介護保険制度の満足度 グラフ

介護保険制度の不満点 グラフ

■地域包括ケアシステムについて

地域包括ケアシステムの認知状況 グラフ

進行する高齢化社会にとって重要なこと グラフ

■自身の老後の生活について

自身の老後に関する意向 グラフ

このページのトップへ

HOME