「教育費」に関する調査

■調査概要

●調査目的

福岡県民の教育費負担の実情を把握し、教育費問題に関する教育行政の改善ポイントを抽出することを目的とする

●調査時期

2014年5月19日(土)〜26日(月)

●調査地域

福岡県

●対象者条件

福岡県内に在住し、現在、教育費を支払っている保護者

●調査方法

訪問面接調査

●有効標本数

300サンプル

●標本構成

【子の学齢別】

  全体 義務教育課程のみ 義務教育課程+高等教育課程 高等教育課程のみ
実数 300 127 72 101
構成比(%) 100.0 42.3 24.0 33.7

【世帯年収別】

  全体 400万円未満 600万円以上
実数 300 142 158
構成比(%) 100.0 47.3 52.7

このページのトップへ


■年間の教育費支出額について

年間の教育費支出額について グラフ

■世帯年収に占める教育費の割合について

世帯年収に占める教育費の割合について グラフ

■教育費支出の負担感について

教育費支出の負担感について グラフ

■負担となっている教育費の種類について

負担となっている教育費の種類について グラフ

■教育費の捻出方法

教育費の捻出方法 グラフ

■教育費に関する不安

自由回答設問「教育費に関する不安」においては、主に以下のような不安が挙げられていました。

■将来的な不安に備える対策

教育費に関する不安 グラフ

■公的な教育費支援制度

将来的な不安に備える対策 グラフ

公的な教育費支援制度 グラフ

このページのトップへ

HOME