生活実感に関する調査

■調査概要

●調査目的

景気・経済の回復に伴い課題となっている物価上昇と生活への影響、成長戦略の中で置き去りになりそうなことなどについて、県民の実感を伺い、今後の国、県の政策へ反映させること。

●調査時期

2013年10月12日(土)〜20日(日)

●調査地域

福岡県

●対象者条件

20歳から69歳の男女個人
モニター登録者にeメールにて調査の案内を行い、指定のURLにアクセスしてもらい回答を得た。

●調査方法

インターネット調査

●有効標本数

5,000サンプル

●標本構成

(上段:人 / 下段:%)
 




20


30


40


50


60


20


30


40


50


60
全体 5000
100.0
2438
48.8
2562
51.2
427
8.5
528
10.6
498
10.0
460
9.2
525
10.5
441
8.8
595
11.9
581
11.6
551
11.0
394
7.9

このページのトップへ


@.生活実感について

【 現在の生活実感 】

現在の生活実感 グラフ

【 1年後の生活について 】

1年後の生活について グラフ

このページのトップへ


A.安倍政権発足後の変化

【 安倍政権発足後の変化について 】

安倍政権発足後の変化について グラフ

【 暮らし向きが悪化した理由 】

暮らし向きが悪化した理由 グラフ

このページのトップへ


V.消費税引き上げの影響

【 消費税引き上げ前に購入したい(購入した)商品 】

消費税引き上げ前に購入したい(購入した)商品 グラフ

【 消費税引き上げ後に支出をやめたり、減らす項目 】

消費税引き上げ後に支出をやめたり、減らす項目 グラフ

【 消費税を上げて欲しくない項目 】 ※回答は3つまで

消費税を上げて欲しくない項目 グラフ

【 消費税引き上げによる増税分のふさわしい使いみち 】

消費税引き上げによる増税分のふさわしい使いみち グラフ

このページのトップへ


W.『国の政策』について

【 『国の政策』で関心があるテーマ 】

『国の政策』で関心があるテーマ グラフ

【 『国の政策』で重視して欲しいテーマ 】 ※回答は3つまで

『国の政策』で重視して欲しいテーマ グラフ

このページのトップへ

HOME