●調査目的

発達障害、及び種々の健康にかかわる社会問題について、県民の認知・理解・行政及び
民間の施策や取り組みに対する評価を把握し、今後の県政施策の資料とする。

【一般向けWeb調査】「メンタルヘルスに関するWeb調査」

●調査時期

2012年7月13日(金)〜16日(月)

●調査地域

福岡県

●対象者条件

上記地域に居住する20歳から59歳の男女個人

●調査方法

Webによるアンケート調査
モニター登録者にeメールにて調査の案内を行い、指定のURLにアクセスしてもらい回答を得た。

●有効標本数

1,182サンプル

(上段:人 / 下段:%)
  総数 男性 女性 男性
20代
男性
30代
男性
40代
男性
50代
女性
20代
女性
30代
女性
40代
女性
50代
全体 1182100.0 57949.0 60351.0 12710.7 16614.0 14011.8 14612.4 13511.4 16714.1 14712.4 15413.0

【関係者向け郵送調査】「発達障害に関する郵送調査」

●調査時期

2012年7月1日(日)〜31日(火)

●調査地域

福岡県

●対象者条件

原則として上記地域に居住する、発達障害者の父母及び関係者

●標本抽出法

関係団体に協力を依頼し、団体にて対象者を選出

●調査方法

郵送調査(団体にて配布、郵送回収)

●有効標本数

181サンプル(配布数812サンプル:有効回収率22.3%)


◇性別、年代 (上段:人 / 下段:%)
  総数 男性 女性 不明 20代 30代 40代 50代 60歳以上 不明
全体 181100.0 2714.9 15082.9 42.2 116.1 4424.3 7642.0 3318.2 126.6 52.8
◇発達障害や精神疾患に係る立場(MA) (上段:人 / 下段:%)
  総数 発達障害を
持つ
子どもの親
発達障害に
係る医療
関係者
発達障害に
係る教育
関係者
発達障害に
係る団体
関係者
その他 不明
全体 181100.0 9150.3 63.3 179.4 2513.8 5128.2 84.4
◇子どもの障害(MA) (上段:人 / 下段:%)
  総数 自閉症 アスペルガー
症候群
広汎性
発達障害
学習障害 注意欠陥
多動性障害
その他 不明
全体 91100.0 2123.1 1617.6 3740.7 2022.0 1516.5 1819.8 22.2

◇居住地 (上段:人 / 下段:%)
  総数 福岡市 北九州市 久留米市 福岡県
その他
福岡県外 不明
全体 181100.0 5027.6 137.2 4323.8 6435.4 63.3 52.8

このページのトップへ


【一般向けWeb調査】・・・言葉の認知と発達障害者支援法


【 「発達障害」という言葉の認知 】

言葉の認知と発達障害者支援法(「発達障害」という言葉の認知) グラフ

【 「発達障害」の症状理解 】

言葉の認知と発達障害者支援法(「発達障害」の症状理解) グラフ

【 「発達障害者支援法」制定の法律の認知 】

言葉の認知と発達障害者支援法(「発達障害者支援法」制定の法律の認知) グラフ

【 「発達障害者支援法」の評価 】

言葉の認知と発達障害者支援法(「発達障害者支援法」の評価) グラフ

このページのトップへ


【一般向けWeb調査】・・・教育、就労、啓発活動など


【 学校での発達障害に関する教育 】

教育、就労、啓発活動など(学校での発達障害に関する教育) グラフ

【 発達障害を持つ人の就労機会 】

教育、就労、啓発活動など(発達障害を持つ人の就労機会) グラフ

【 発達障害を持つ子どもの教育環境の整備 】

教育、就労、啓発活動など(発達障害を持つ子どもの教育環境の整備) グラフ

【 国や地方自治体の発達障害についての啓発活動 】

教育、就労、啓発活動など(国や地方自治体の発達障害についての啓発活動) グラフ

【 テレビなどのマスコミの発達障害についての伝え方 】

教育、就労、啓発活動など(テレビなどのマスコミの発達障害についての伝え方) グラフ

このページのトップへ


【一般向けWeb調査】・・・不登校や自殺について


【 不登校・自殺・精神疾患に係る国や地方自治体の取り組み 】

不登校や自殺について(不登校・自殺・精神疾患に係る国や地方自治体の取り組み) グラフ

【 学校での不登校に関する教育や指導 】

不登校や自殺について(学校での不登校に関する教育や指導) グラフ

【 学校での命を大切にする教育や指導 】

不登校や自殺について(学校での命を大切にする教育や指導) グラフ

【 国の自殺防止についての啓蒙活動 】

不登校や自殺について(国の自殺防止についての啓蒙活動) グラフ

 

このページのトップへ


【一般向けWeb調査】・・・精神疾患について


【 「精神疾患」という言葉の認知 】

精神疾患について(「精神疾患」という言葉の認知) グラフ

【 「精神疾患」の症状理解 】

精神疾患について(「精神疾患」の症状理解) グラフ

【 精神疾患を患っている人の就労機会 】

精神疾患について(精神疾患を患っている人の就労機会) グラフ

このページのトップへ


【関係者向け郵送調査】・・・言葉の認知と発達障害者支援法など


【 「発達障害」という言葉の認知 】

言葉の認知と発達障害者支援法など(「発達障害」という言葉の認知) グラフ

【 「発達障害」の症状理解 】

言葉の認知と発達障害者支援法など(「発達障害」の症状理解) グラフ

【 「発達障害者支援法」の認知 】

言葉の認知と発達障害者支援法など(「発達障害者支援法」の認知) グラフ

【 「発達障害者支援法」に対する評価 】

言葉の認知と発達障害者支援法など(「発達障害者支援法」に対する評価) グラフ

【 「自閉症・発達障害支援センター」
設置の認知 】

言葉の認知と発達障害者支援法など(「自閉症・発達障害支援センター」設置の認知) グラフ

【 「自閉症・発達障害支援センター」の
役割達成評価 】

言葉の認知と発達障害者支援法など(「自閉症・発達障害支援センター」の役割達成評価) グラフ

このページのトップへ


【関係者向け郵送調査】・・・支援体制について

★前ページも含めて全体的に、『認知』『理解』のスコアが高く、『評価』のスコアが低い傾向が見られます。『認知』で認知が非認知を下回っている設問は4設問中「発達障害に関する啓発事業」のみで、『評価』で好評価が悪評価を上回っているのは6設問中「自閉症・発達障害支援センター」と「発達障害の早期発見のための乳幼児健診」の2項目のみとなっています。


【 「発達障害に関する啓発事業」認知 】

支援体制について(「発達障害に関する啓発事業」認知) グラフ

【 「発達障害に関する啓発事業」評価 】

支援体制について(「発達障害に関する啓発事業」評価) グラフ

【 「特別支援コーディネーター」認知 】

支援体制について(「特別支援コーディネーター」認知) グラフ

【 「特別支援コーディネーター」評価 】

支援体制について(「特別支援コーディネーター」評価) グラフ

【 乳幼児期から養護学校までの一貫した支援体制整備について 】

支援体制について(乳幼児期から養護学校までの一貫した支援体制整備について) グラフ

【 「発達障害の早期発見のための乳幼児健診」評価 】

支援体制について(「発達障害の早期発見のための乳幼児健診」評価) グラフ

このページのトップへ


【関係者向け郵送調査】・・・教育、就労、啓発活動など


【 発達障害を持つ子どもの教育環境について 】

教育、就労、啓発活動など(発達障害を持つ子どもの教育環境について) グラフ

【 発達障害を持つ子どもの教育環境の整備 】

教育、就労、啓発活動など(発達障害を持つ子どもの教育環境の整備) グラフ

【 発達障害を持つ子の高等教育機関への
進学環境整備について 】

教育、就労、啓発活動など(発達障害を持つ子の高等教育機関への進学環境整備について) グラフ

【 発達障害を持つ人の就労機会 】

教育、就労、啓発活動など(発達障害を持つ人の就労機会) グラフ

【 学校での発達障害に関する教育 】

教育、就労、啓発活動など(学校での発達障害に関する教育) グラフ

【 国や地方自治体の発達障害への啓発活動 】

教育、就労、啓発活動など(国や地方自治体の発達障害への啓発活動) グラフ

【 テレビなどのマスコミは発達障害について
正しく伝えているか 】

教育、就労、啓発活動など(テレビなどのマスコミは発達障害について正しく伝えているか) グラフ

 

このページのトップへ


【関係者向け郵送調査】・・・発達障害に係る環境について


【 「医療現場で、発達障害の人を精神疾患と診断する」認知 】

発達障害に係る環境について(「医療現場で、発達障害の人を精神疾患と診断する」認知) グラフ

【 発達障害に関する世間一般の人たちの知識について 】

発達障害に係る環境について(発達障害に関する世間一般の人たちの知識について) グラフ

【 発達障害を持つ子どもに対する地域での
支援有無 】

発達障害に係る環境について(発達障害を持つ子どもに対する地域での支援有無) グラフ

【 発達障害に関する世間一般の人たちの
誤解や間違った認識程度 】

発達障害に係る環境について(発達障害に関する世間一般の人たちの誤解や間違った認識程度) グラフ

このページのトップへ

HOME