防災に関する調査

■調査概要(福岡県版)

●調査目的

福岡県民の、東日本大震災・原子力発電問題・防災等の意識を探り今後の県政施策の資料とする。

●調査方法

Webによるアンケート調査
モニター登録者にeメールにて調査の案内を行い、指定のURLにアクセスしてもらい回答を得た。

●調査エリア

福岡県

●調査対象者

上記エリア内に在住の20〜69歳の男女

●調査サンプル数

有効標本数 2,406サンプル

  総数 男性 女性
標本数
構成比
2,406
100.0
1,325
55.1
1,081
44.9
  男性20代 男性30代 男性40代 男性50代 男性60代
標本数
構成比
133
5.5
354
14.7
475
19.7
279
11.6
84
3.5
  女性20代 女性30代 女性40代 女性50代 女性60代
標本数
構成比
178
7.4
401
16.7
320
13.3
132
5.5
50
2.1

●調査実施日

2012年6月29日(金)〜7月1日(日)

 

このページのトップへ


調査結果のまとめ

 当調査は、昨年5月28日(土)〜30日(月)にかけて行った調査の継続調査です。今回は東日本大震災から、約1年と3ヶ月が経過した本年6月29日(金)〜7月1日(日)にかけて実施しました。また、調査にあたって次の様な課題を設定しました。

■1.東日本大震災の被害について・・・・・
県民の東日本大震災の被害・影響に関する意識は『風化』していないか?

 全般的には、東日本大震災の及ぼした被害・影響に関しての認識に殆ど変化は見られず、県民の意識は『風化』していないと思われます。
 地域別に深刻さの傾向を見ると、「被災地」は変化が見られず、「首都圏」もほぼ変化していません。「全国」への影響は微減で、「福岡県」については項目によっては減少しています。
 項目別では、経済的な面については深刻とのスコアが低下しています。また「放射能汚染」に関して、「福岡県」「全国」「首都圏」の順で低下しています。
 このように部分的にスコアの若干の低下が見られますが、これらは震災直後から1年間の経緯を県民が客観的に受け取った結果であると思われるため、この点をもって意識の『風化』が見られるとは思われません。

■2.福岡県の防災について・・・・・県民の防災意識は低下していないか?

 当調査での「東日本大震災に関する意識・行動の変化」「災害発生への不安感」「福岡県に求める防災対策」の3項目の変化を見ると、3項目何れも僅かな減少は見られますが概ね前回と同様のスコアを示しています。「大規模な地震・津波発生の可能性」などは、スコアが上昇しており、県民の意識の低下は見られないと判断できます。

■3.玄海原子力発電所と今後の電力供給及び原子力発電について・・・・・
県民の原子力発電所問題・エネルギー問題に関する意識に変化はないか?

 玄海原子力発電所に対する不安感は、殆ど変化していません。
 電力供給全体に関しては、「増やすべき」が増加し、「現状維持」と「減らすべき」が低下しています。今後の原子力発電のあり方については、「増やしても良い」は変わらず、「現状維持」「少しずつ減らす」は微減し、「全廃」が微増しており、県民の意識は僅かながら『脱原発』の方向にシフトしているようです。

■4.県民の各機関に対する評価は変化したか?

 東日本大震災への対応に対する評価は、全ての機関で低下しています。特に「政府」と「東京電力」は、前回でもかなり低かった評価がさらに低くなっています。今回でも比較的に評価の高い、「自衛隊・消防・警察」と「被災地の自治体」でも、前回と比べると評価が低下しています。

■5.前回調査以降に起きた問題に対して県民はどのような意識を持っているのか?

 「北九州市のがれき処理受け入れ」に対しては認知が高く、また、約7割の県民がこれを支持しています。逆に福岡市の首都代替機能については認知が低いのですが、その適地は「福岡市」とする人が多くなっています。

このページのトップへ


T.東日本大震災による影響

【 被災地における地震・津波による直接的な経済被害 】

被災地における地震・津波による直接的な経済被害 グラフ

【 福島第一原発の事故による長期的な経済への悪影響 】

福島第一原発の事故による長期的な経済への悪影響 グラフ

 

 被災地域への影響 グラフ
首都圏への影響
全国への影響
福岡県への影響

このページのトップへ


U.東日本大震災への対応

【 政府 】

東日本大震災への対応(政府) グラフ

【 自衛隊・消防・警察 】

東日本大震災への対応(自衛隊・消防・警察) グラフ

【 被災地の自治体 】

東日本大震災への対応(被災地の自治体) グラフ

【 東京電力 】

東日本大震災への対応(東京電力) グラフ

【被災地の復興に関する施策や行動 】

被災地の復興に関する施策や行動 グラフ

【 福島第一原発の安定化に向けた施策や行動 】

福島第一原発の安定化に向けた施策や行動 グラフ

【 政府への評価 】

福岡県説明閲覧後訪問意向 グラフ

【 各自治体の東日本大震災への支援についての評価 】

東日本大震災影響

【 政府の今後の電力・エネルギー政策について 】

東日本大震災影響

このページのトップへ


V.福岡県の防災について

【 大規模な地震の起きる可能性 】

大規模な地震の起きる可能性 グラフ

【 大規模地震が起きた場合の津波発生の可能性 】

大規模地震が起きた場合の津波発生の可能性 グラフ

【 大規模な地震や津波が発生した場合に不安だと感じる事柄 】

大規模な地震や津波が発生した場合に不安だと感じる事柄 グラフ

【 現在の居住地域で、国や県などに最も総合的に力を入れて欲しいもの 】

現在の居住地域で、国や県などに最も総合的に力を入れて欲しいもの グラフ

W.玄海原子力発電所と電力問題に関する意識

【 佐賀県東松浦郡玄海町に原子力発電所があることへの不安 】

佐賀県東松浦郡玄海町に原子力発電所があることへの不安 グラフ

【 玄海原子力発電所の原子炉が現在停止されていることについて 】

玄海原子力発電所の原子炉が現在停止されていることについて グラフ

【 玄海原子力発電所の原子炉稼働について 】

玄海原子力発電所の原子炉稼働について グラフ

【 今後の原子力発電のあり方 】

今後の原子力発電のあり方 グラフ

このページのトップへ


X.被災地のがれきの広域処理について

【 北九州市の被災地のがれき処理認知 】

北九州市の被災地のがれき処理認知 グラフ

【 がれき処理への賛否 】

がれき処理への賛否 グラフ

【 被災地のがれきの放射能測定について 】

被災地のがれきの放射能測定について グラフ

【 被災地のがれきの放射能測定を行う機関 】

経被災地のがれきの放射能測定を行う機関 グラフ

このページのトップへ


Y.首都機能代替について

【 首都機能代替の具体的検討認知 】

首都機能代替の具体的検討認知 グラフ

【 福岡市の首都機能代替候補地としての名乗り 】

福岡市の首都機能代替候補地としての名乗り グラフ

【 福岡県内で首都機能代替を行うことへの賛否 】

福岡県内で首都機能代替を行うことへの賛否 グラフ

【 首都機能代替に適した地域 】

※福岡県内での首都機能代替に「賛成」+「どちらかと言えば賛成」した方

首都機能代替に適した地域 グラフ

                

このページのトップへ

HOME